研究室紹介 詳細へ

 私たちの研究室は2006年5月に開講し、大きな3つのプロジェクト(AIM, DEDD, Polycomb)を核にしていますが、それぞれから派生する非常に多岐に渡るテーマを扱っています。しかも技術的には、分子生物学からマウス遺伝学にいたるまで、およそ生物学で用いるほとんど全てのテクニックを十全に駆使しています。これは、特定の分子や特定の手法を専門とすることが一般的である生物学の分野では珍しい研究姿勢であると思われます。
 しかし私たちは、生理現象や疾患の本質は、ちょうどオーケストラのスコアが様々な旋律線の組み合わせで出来ているようなものであると考えています。したがって、それを理解するには多彩な生命現象のメカニズムを理解し、さらにその組み合わせによる“響き”を聞き取らねばならず、いわいる指揮者の目で生命現象を見ることの出来る科学を目指しています。こうしたやり方は、非常に困難を伴い苦労も多いですが、科学者としての本懐だと考え、日々研究に励んでいます。

トップイメージ画像

 

トピックス 一覧へ

2017年11月09日
山崎智子さん(D3)の論文がJournal of Gastroenterologyに掲載
2017年11月09日
新井郷子准教授、平本絵美莉さん(D1)の論文がScientific Reportsに掲載
2017年10月31日
事務補佐員(短時間勤務有期雇用教職員)募集
2017年10月16日
技術補佐員(短時間勤務有期雇用教職員 または 学術支援専門職員)募集 → 終了しました
2017年09月19日
森真弓先生(University of Basel)によるセミナー開催
2017年08月09日
プロジェクト研究員(研究員~特任准教授)募集

最近の発表論文 一覧へ

Koyama N, Yamazaki T, Kanetsuki Y, Hirota J, Asai T, Mitsumoto Y, Mizuno M, Shima T, Kanbara Y, Arai S, Miyazaki T, & Okanoue T.
Activation of apoptosis inhibitor of macrophage is a sensitive diagnostic marker for NASH-associated hepatocellular carcinoma.
J Gastroenterol. doi: 10.1007/s00535-017-1398-y (2017).

Tomita T, Arai S, Kitada K, Mizuno M, Suzuki Y, Sakata F, Nakano D, Hiramoto E, Takei Y, Maruyama S, Nishiyama A, Matsuo S, Miyazaki T, & Ito Y
Apoptosis inhibitor of macrophage ameliorates fungus-induced peritoneal injury model in mice.
Sci Rep. 7, 6450 (2017).

Matsumoto A, Taniguchi K, Takeda N, Yamamura-KI, Arai S, & Miyazaki T
Inflammatory and anti-inflammatory states of adipose tissue in transgenic mice bearing a single TCR.
Int Immunol. 29: 21-30 (2017).

Miyazaki T & Arai S
AIM associated with the IgM pentamer: attackers standing by on an aircraft carrier.
Curr Top Microbio Immunol. (in press, 2017).

Yamazaki T, Sugisawa R, Hiramoto E, Takai R, Matsumoto A, Senda Y, Nakashima K, Nelson P S, Lucas J M, Morgan A, Li Z, Yamamura KI, Arai S, & Miyazaki T 
A proteolytic modification of AIM promotes its renal excretion
Sci Rep. 6, 38762 (2016).

Ozawa T, Maehara N, Kai T, Arai S, & Miyazaki T
Dietary fructose-induced hepatocellular carcinoma development manifested in mice lacking apoptosis inhibitor of macrophage (AIM)
Genes Cells. 21, 1320-1332 (2016).

Sugisawa R, Hiramoto E, Matsuoka S, Iwai S, Takai R, Yamazaki T, Mori N, Okada Y, Takeda N, Yamamura KI, Arai T, Arai S, & Miyazaki T
Impact of feline AIM on the susceptibility of cats to renal disease
Sci Rep. 6, 35251 (2016).

Arai S, Kitada K, Yamazaki T, Takai R, Zhang X, Tsugawa Y, Sugisawa R, Matsumoto A, Mori M, Yoshihara Y, Doi K, Maehara N, Kusunoki S, Takahata A, Noiri E, Suzuki Y, Yahagi N, Nishiyama A, Gunaratnam L, Takano T, & Miyazaki T
Apoptosis inhibitor of macrophage protein enhances intraluminal debris clearance and ameliorates acute kidney injury in mice
Nat Med. 22, 183-93 (2016).

Yamazaki T, Mori M, Arai S, Tateishi R, Abe M, Ban M, Nishijima A, Maeda M, Asano T, Kai T, Izumino K, Takahashi J, Aoyama K, Harada S, Takebayashi T, Gunji T, Ohnishi S, Seto S, Yoshida Y, Hiasa Y, Koike K, Yamamura K, Inoue K, & Miyazaki T
Circulating AIM as an Indicator of Liver Damage and Hepatocellular Carcinoma in Humans
PLoS One. 9, e109123 (2014).

Maehara N, Arai S, Mori M, Iwamura Y, Kurokawa J, Kai T, Kusunoki S, Taniguchi K, Ikeda K, Ohara O, Yamamura K, & Miyazaki T
Circulating AIM Prevents Hepatocellular Carcinoma through Complement Activation
Cell Rep. 9, 61-74 (2014).

Kai T, Yamazaki T, Arai S, & Miyazaki T
Stabilization and Augmentation of Circulating AIM in Mice by Synthesized IgM-Fc
PLoS One. 9, e97037 (2014).

Arai S & Miyazaki T
Impacts of the apoptosis inhibitor of macrophage (AIM) on obesity-associated inflammatory diseases
Semin Immunopathol. 36, 3-12 (2014).